ケンタッキー州ニコラスビル(レキシントン近郊)|日本語対応|歯科医院

Q&A

Q&A

Q初診でかかるときはどうすればいいですか?
A歯科保険に加入されている場合は、保険会社からの情報が必要となりますので、ご予約日前日までにメール又はお電話にてご連絡ください。
当日は問診票・保険証・身分証明(運転免許証又はパスポート)をご持参ください。
Q加入している歯科保険が取り扱い対応かどうかわかりません。また、歯科保険でどれくらいカバーされますか?
Aご加入されている保険やプランによって様々ですので、まずはお問い合わせください。
アメリカの歯科保険は通常年2回の定期健診と歯のクリーニング、年1~2回のレントゲン、年1回のお子様のフッ素塗布などが80~100%カバーされます。
Q日本で治療をしていた歯が調子悪いのですが?
A日本で治療した歯が調子悪い場合もお気軽にご相談ください。 過去に撮影したレントゲンや治療経過の書類などをお持ちの場合はご持参ください。(無くても治療可能です)最初に、不自由を感じていらっしゃる部分を拝見し、必要な検査(レントゲンなど)を行ない診査・診断いたします。
当院ではカウンセリングやセカンドオピニオンも随時無料で行なっていますので、ご相談のみでも構いませんのでお気軽にお越しください。
ただし、レントゲンの撮影が必要な場合は、別途レントゲン料がかかりますのでご了承ください。(保険に加入されている場合は、歯科保険でカバーされます)
Q妊娠中に歯の治療はできますか?
A妊娠中は、状況によりレントゲン・麻酔の使用も可能ですが、治療がどうしても必要な場合のみ行います。
安定期中の治療が理想ですが、虫歯をそのまま放置しておくと体に悪影響があると診断した場合は、患者様のかかりつけの産婦人科の先生と連携を取り、レントゲン撮影の可否、麻酔の量・治療の可否、処方箋などを確認しながら治療を進めます。担当の(産婦人科の)先生の許可なしでは無理な治療は行いませんので、安心してください。
出産後まで待っても問題ない虫歯に関しては、産後から治療を始めます。
Q数年前に作っていただいたクラウンが割れてしまいました。直すのにどれくらい費用がかかりますか?
A当院でお作りしたクラウン(かぶせ物)でしたら約2年間の保障期間がありますので、作り直しの費用はかかりません。3年目だと20%、4年目は40%の自己負担でお作り直しができます。また5年以上経っているものに関しては、保険のプランによってはカバーされますので、お問い合わせください。
Q親知らずが痛いのですが
A親知らずが痛いときの主な原因は、歯茎の炎症や腫れ、虫歯による神経の炎症の場合が多いです。腫れている場合は早めに受診されることをお勧めします。
Q小さな子供は診ていただけますか?
Aはい。0歳から診察可能です。お子様のお口や歯の事で気になる事がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
Q乳歯がまだあるのに永久歯が生えてきました。抜いた方がいいですか?
A永久歯が生えてくる向きによって、乳歯の根っこが吸収されにくい事があります。しばらくすると抜けることもありますが、早めに抜いたほうが良い場合もあります。気になる場合はご連絡ください。
Q帰国が決まっていますが、それまでに治療を終わらせる事はできますか?
Aご旅行・帰国・長期出張などのご予定があれば、ご相談ください。患者様のQOLを優先して治療プランをたてます。必要に応じて、治療経過報告書やレントゲンデータをお渡しいたします。帰国されてからかかられる歯科医院の歯科医師にお渡し下さい。